国内転売と中国輸入の違いとおすすめ

alt

こんにちはNAMISATOです。

今回は国内転売と中国輸入の違いについて説明していこうと思います。

ネットビジネスで物販を始めようと思ったときに国内転売や中国輸入などがあるかと思いますがどれがいいのだろうと迷ったことはありませんか?私も最初のころはどれがいいのか迷ったので両方することにしてみました。

両方やってみて分かったことは両方とも稼げるのですが今後のことも考えていくと中国輸入の方がいいかなと思って現在まで中国輸入を続けております。そもそも国内転売と中国輸入では何が違うのかについて今回説明していこうと思いますので参考にしてみてください。

国内転売とは

国内転売について説明していきたいと思います。国内転売とは国内から利益のとれる商品を仕入れてアマゾンやフリマアプリ、ヤフオクで販売していきます。国内転売はせどりとも呼ばれております。せどりにも色々種類があります。けることが出来ます。店舗せどりと電脳せどりになります。

店舗せどり

ブックオフから商品を仕入れるブックオフせどりやCDをメインに仕入れるCDせどり、家電をメインに仕入れる家電せどりなど色んな呼び方がありますが基本的にはどれも同じです。

そして国内転売には大きく2つに分

店舗せどりとは実際にお店に足を運んで商品を仕入れる方法になります。例えばブックオフに行って利益のとれそうな商品を仕入れたり家電量販店やデパートなどからも商品を仕入れてネットで販売していきます。

メリットとしては遊びに行くついでに商品を仕入れることが出来たり全部のお店が稼ぎ場所になるのでその中から商品を見つけるのは面白いかと思います!

デメリットとしては利益のとれる商品を探しまわるので車で移動したりするとガソリン代もかかったり1日中時間がとられることもあります。それで利益のとれる商品が見つからなかったら赤字になってしまいます。

後は価格差のある商品を探すときに1こずつアプリなどを使って売れるのかを調べてい行くので他の人の視線が気になったりします(笑)特に気にしない人は平気だと思います。

電脳せどり

電脳せどりとはネット上から商品を仕入れる方法になります。電脳せどりは店舗せどりと違って実際に足を運んで商品を仕入れてなくても在宅のままネットを使って商品を仕入れていくことが出来ます。

メリットはネットから商品を探すので家にいても作業することが出来ます。デメリットは一日中PCに向かって作業することがあります。

中国輸入とは

中国輸入は国内転売と違って中国から商品を輸入して国内のサイトで販売していきます。海外転売では中国輸入以外にもアメリカから商品を輸入する欧米輸入や逆に日本の商品を海外に輸出する方法もあります。

中国輸入のメリット

中国輸入のメリットは商品が安いことです。日本に比べて物価が安いので資金が余りない方でも始めることが出来ます。また中国輸入だからと言って中国に行くの?と思うかもしれませんが中国に行かずに自宅で商品を仕入れることが出来るし中国語が使えなくても問題ありません。

中国輸入のデメリット

もちろん中国輸入にもデメリットはあります。中国から商品を仕入れるので手元に商品が届くのに時間がかかります。大体1週間~2週間くらいです。後はあなたが思う中国のイメージって何ですか?

偽物が多そうなイメージありませんか?後は品質が悪いとか、、、

たしかにブランド品に関して言えば現在でも偽物は多いですね。しかし偽物を仕入れなければ何の問題もありませんので気にする必要はありません。品質に関してもたしかに日本製に比べれば劣るかもしれませんが品質が悪いのも過去の話で現在では日本製と同等のクオリティーにまでなっております。

中国輸入のメリットやデメリットは他にも色々とありますのでこちらの記事をご覧ください。

始めるなら中国輸入がおすすめ

国内転売と中国輸入どちらを始めればいいのと思ったときに私は中国輸入をおすすめします。両方をやってみてもいいと思いますが最初は1つに絞った方がいいです。

なぜ中国輸入がいいのかというと資金面に関して言えば国内転売だとある程度の資金が必要になります。例えば家電を扱う転売をしていると家電1つあたりの単価は高いかと思います。

1つ仕入れるのに何万も必要です。それを何10個、何100個と仕入れるとなるとそれなりの資金が必要になります。そのうえ国内転売のデメリットとしては利益率が低いことにあります。国内転売の利益率は平均で約10~30%になります。

それなので100万円仕入れても10万~30万が手元に残ります。それに1比べて中国輸入だと中国は物価が安いので1商品あたりの単価が安いです。10円単位の商品もたくさんありますので資金を余り持っていなくても始めることが出来ます。

また中国輸入の場合、利益率は平均で約30~70%になります。100万円仕入れて30万~70万が利益となって手元に残ります。

もちろん国内転売に比べると国内転売だと日本にあるのですぐに商品を仕入れて販売することが出来ますが中国輸入だと中国から商品を仕入れるので最低でも1週間~2週間は販売することが出来ません。

それなので中国輸入を始めるときは仕入れる時期も考えなくてはいけません。

しかし国内転売は最近だとかなり規制の方が厳しくなっております。国内転売をされている方の大半はアマゾンを販路としております。そのアマゾンが最近の規制変更で個人やお店から商品を仕入れた場合、新品であっても中古として販売しなくてはいけなくなったのです。

この規制は多くのせどらーにとって大打撃になったと思います。

中国輸入の場合は自分でオリジナルのブランドを作って販売することも出来ますので自由に値段を決めたりして販売することも出来ます。これからの時代は横流しでの転売ではなくて本当の物販をしていかなくては稼いでいくことが出来ないと思っております。それなので私は中国輸入の方をおすすめします。

国内転売と中国輸入の違いとおすすめのまとめ

国内転売と中国輸入では両方ともやっていけば稼げると思います。しかしこれから長期にわたって稼いでいくのであれば国内転売よりも中国輸入の方がいいかと思います。転売ではなくて本当の物販をしていくことで長期にわたって稼げるかと思います。それなので物販に興味があって迷っている方は中国輸入の方をやってみてはどうでしょうか?

両方やってみて自分に合う合わないを見つけてもいいと思いますが最初はなるべく1つに絞ってやることで中途半端で終わらずに済むと思います!ネットビジネスには興味あるけど副業で何をしたらいいのか分からない方はこちらの記事を参考にしてみてください。⇒副業でおすすめのネットビジネス

これらかも一緒に頑張ってやっていけたらうれしいです!

ありがとうございます。