こんにちはNAMISATOです。

今回はモノレートの使い方について説明していこうと思います。

 

中国輸入をする中でリサーチはとても重要な作業になります。

その中でどうやって売れている商品を探せばいいのか分からないと思います。

今回はそんな時にとても役に立つモノレートの使い方について説明していきます。

 

 

 

 

 

 

 

モノレートとは?

モノレートはアマゾンで販売されている商品の

ランキングと価格推移、価格比較を行うことのできるとても便利なサイトになります。

 

アマゾンで販売している方は必ずと言っていいほど

使ったことがあるサイトになります。

 

中国輸入で商品を仕入れるときに、モノレートを使えば

商品を仕入れる前の判断基準になりますのでとても役に立ちます!

 

それなのでモノレートの使い方を覚えて中国輸入ビジネスに役立てましょう!

 

モノレートの使い方

モノレートはこちらのリンクから使うことが出来ます。

モノレート

 

今回はこちらの商品を例に見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モノレートで商品検索をしていきます。

 

商品検索をするときは商品名かASINコードを貼り付けて検索をかけていきます。

ASINコードは赤枠にあるアルファベットと数字になります。

 

それを貼り付けて検索をかけていくとアマゾンと同じ商品が検索結果に表れます。

 

最安値

こちらは商品の価格の変動のグラフを表しております。

 

 

 

3か月間の商品の価格帯を表しておりグラフが平行なほど価格崩壊の可能性も

少ないので安定した商品価格になっていることが分かります。

 

逆にグラフの価格が何度も下落している商品は価格崩壊が起こる可能性もあるので

そのような商品を仕入れるのはやめた方がいいです。

 

例えばこのような感じになります。

 

 

 

3か月前と現在の値段では倍以上に下落していることが分かるかと思います。

 

※モノレートで出ている販売価格には送料が含まれていないことがありますので

注意して見るようにしてください。

 

出品者数

このグラフでは3か月間の出品者の推移を表しております。

 

この商品の出品者数で言うと3か月前は約20人の方が同じ商品を出品していますが

そこからちょっと増えていって現在だと3か月前と同じ約20人になっております。

 

出品者に関して言うと当然ながら出品者の数が少ないほど

自分の出品した商品が売れやすいので出来れば出品者の数は少ない方がいいです!

ランキングの推移

このグラフでは商品のランキングを表しております。

 

 

 

商品ランキングが高いほど商品はとても売れております!

 

グラフの変動が激しいほど人気商品なのかが分かります!

売れていない商品だと平行なグラフになりますので

波打っているグラフほど商品が売れていることを表しております。

 

この商品の場合ですとグラフの変動も波打っておりますので

売れていることが分かります!

 

3か月間のグラフだけで判断するのが不安な方は

6か月と12カ月のグラフも見ることが出来ますので比べてみてください。

 

 

全てを確認する

価格、出品者数、ランキングの変動をすべて数字で確認することも出来ます!

これはモノレートの下のページにあります!

モノレートに使い慣れてくるとこのページを見ただけで

商品を仕入れる判断基準を確認することが出来ます!

 

自分なりに仕入れるランキング基準というのも出来てきますので

後はその基準に従って商品を仕入れていっていいかと思います。

 

最後に

モノレートはリサーチをする上でとても役に立ちます!

最初は使い方とかよくわからないかと思いますが

色んな商品を調べていくうちに段々と違いとか仕入れる判断基準が

分かってきますので色々試していきましょう!

 

商品を仕入れるときは自分間隔で仕入れてしまうと危険ですので

きちんとデータ化して判断することで売れ残りも回避できますので

自分間隔に任せることなくきちんとデータを見てリサーチしていくようにしましょう!

 

ありがとうございます。