こんにちはNAMISATOです。

今回は動画や音声で気を付けるべきポイントについて

説明していこうと思います。

 

動画や音声をコンテンツとしてまとめるときに

気を付けるべきポイントがあります。

 

そうしないと後で後悔することになります。

 

 

 

 

 

用件を先に伝える

最初のほうに用件を伝えておきます!

最初の8秒~16秒で惹きつけることが大事です!

 

そうじゃないと聞くメリットなさそうだなーと

思われたらそこから先は聞いてもらえません。

 

それなので最初の方にこれを見たり聞いたりすることによって

どんなメリットがあるのかを伝える必要があります。

 

これはメルマガを書くときにも使われます!

 

タイトルや最初の1行に魅力を感じなければ

メールを読んでくれません。

アクセントを入れる

動画や音声に慣れていない方は

ゆっくり喋ったりだらだら話してしますので

 

どうしても聞きづらくなってしまいます。

 

なるべく相手に伝わりやすいように

話すことを意識してください。

 

急ぐわけでもありませんが

多少、早口になっても構いません。

 

ポイントとしては名刺にアクセントをいれることで

聞き取りやすくなりますので

 

試してみてください。

編集する

動画や音声を撮りましたら

そのままコンテンツにするのではなく

必ず編集するようにしましょう。

 

必要のない部分はカットして編集しましょう

 

これだけでもクオリティーは上がります!

 

後は効果音などを入れると

さらに良くなるかと思います。

 

編集に関してはやっているうちに

出来るようになります!

マイクを使う

マイクを使うことは基本中の基本ですね!

 

集音声の高いマイクは音もクリアに聞こえます!

 

歌手がマイクにこだわるように

コンテンツを作成するときにも

マイクにこだわるとよりよいコンテンツに仕上がります!

 

マイクはアマゾンや楽天市場などで

購入することができます。

フリートークを意識する

動画や音声を作成するときに台本って必要なんですか?と

聞かれることがありますが、特に必要はありません!

 

フリートークですね!

 

フリートークのほうが感情を込めることが出来るし

聞いてる方との距離が近くに感じるので

聞いている方は親近感がわきます!

 

自分の体験談や失敗談をトークのほうに盛り込むことで

他にはないオリジナルのコンテンツに仕上がります。

 

フリートークで話すのって案外難しいですが

これに関しては慣れていくしかないと思います!

最後に

動画や音声を作成するときにこれらのことを

気を付けるだけで他の方と上手く差別化をすることが出来ます。

 

これらに関しては場数を踏んでいくしかないです。

私も何百回も動画を撮ったり編集したりしたことで

慣れてきましたので、最初は上手くいかなくても

 

やっていくうちに必ずいいものに仕上がりますので

頑張りましょう!

 

自分のことについて話すと聞いている方に

より身近に感じてもらうことが出来ますので

上手くフリートークであなた自身のことについても

話してみてください。

 

ありがとうございます。