4つの壁を乗り越えよう

 

こんにちはNAMISATOです。

今回は4つの壁について説明していこうと思います。

 

メルマガを読んでもらうにはこの4つの壁を乗り越えなければ

相手に読んでもらうことはできません。

 

brick_texture99

 

4つの壁とは

4つの壁とは下記のNotのことを指します。

 

Not open  :開かない

Not read  :読まない

Not believe:信じない

Not act   :行動しない

 

この4つのNotはとても有名です。

それぞれどういう意味なのでしょうか?

 

 

Not open :開かない

第一の壁として基本的に読者はメルマガを開いてくれません。

 

その理由としては、、

 

興味のないメール

メールが届いていない

迷惑メールに入っている

スパムに引っかかる言葉

 

などの原因があります。

 

メールが届かないに関しては配信スタンドを変えれば

改善することはできます。

 

しかし読まれないメールに何度もメールを送ってしまうと

迷惑メールに入りますので注意してください。

 

メールを開いてくれるにはどうしたらいいのか

 

興味をそそるタイトルにしますと

開いてもらえる確率は上がります。

 

こちらに関してはコピーライティングの

テクニックを学べば大丈夫です。

 

それによって1つ目の壁を乗り越えることはできます。

 

 

Not read :読まない

2つ目の壁はメールを読んでくれません。

 

あなたも他の人のメルマガを購読しているとして

1字1句最後まで読みますか?

 

たぶん読まないと思います。

 

長々と書いていたら読む気力も失せて

最後のほうにスクロールしますよね。

 

どんなに一生懸命書いたメールだとしても

隅々まで読んでもらうことは少ないです。

 

どうやったらいいのか、、

 

最初の1、2行で心を鷲掴みすることです。

 

最初の文章がつまらなかったら

もちろん最後まで読んでもらえません。

 

それなのでいかに最初の言葉に

興味を持たせるかが重要です。

 

問題提起から始めると文章を最後のほうまで

読んでもらいやすくなるかと思います。

 

最初に問題提起をして最後のほうに答えをもっていくと

途中の文章もついでな感じで読んでもらいやすいかと思います。

 

もしくは、メールを読んでいるほとんどの人は

スクロールして最後の結論の部分しか読まない人もいますので

 

最後のほうにだけ重要なことを書くのも

1つの手だと思います。

 

p.s〇〇

追伸〇〇

 

などです。

 

これで何とか2つ目の壁を乗り越えることはできます。

 

Not believe :信じない

第3の壁は信じないことです。

基本的に人は疑いから入ってます。

 

どんなに真実であろうと最初から信じてもらえません。

 

どのようにしたらいいのか

 

証拠をだすことです。

 

ニュース記事やデータを見せることで

疑いは取り除かれていきます。

 

証拠以上に信じてもらう方法があります。

 

それは第三者の声です。

口コミです。

 

例えば、流行りものは口コミで広まることって多くないですか?

 

お店だとしても口コミが広がることで

行列になったりするかと思います。

 

あなたはおいしい飲食店を探すとき食べログの

口コミとかを見たりはしていませんか?

 

行ったことないけど、他の人が美味しいっていうから

それを信じて実際に食べに行きませんか?

 

口コミにはすごい効果があります。

バンドワゴン効果ともいわれております。

 

これらにより第3の壁を乗り越えることはできます。

 

Not act :行動しない

第4の壁は行動しないことです。

いくらメールを読んでもらっても証拠をだして信じてもらっても

最終的に人は行動せずに現状を望みます。

 

その理由は、、

 

未知だからです。

 

その先が見えなくて不安なので

それよりはいつもと同じ現状のほうが

安心します。

 

例えばあなたが海外で暮らすとなった時に

不安にはなりませんか?

 

色んな不安要素を考えてしまうかと思います。

 

 

どうしたらいいのか

 

示せばいいのです。

 

未来を具体的に示すことによって

リスクをチャンスに変えさせるのです!

 

行動しないことがリスクなんだということを

説明してあげれば行動しやすくなります!

 

あなたがその人のチャンスを与える

きっかけにならければいけないのです。

 

そうすることによって第4の壁を

乗り越えることが出来ます。

 

最後に

4つの壁を説明しましたが

私の説明を最後まで読んだ方は少ないかと思います。

 

これが4つの壁になります。

 

しかし最後まで読んでくださった方は

この大切さが伝わったのではないかと思います。

 

 

手を抜かずにこの記事を書いたことを。

 

もっと多くの方に読んでもらえるように

研究して頑張っていきますので、

あなたも一緒に頑張っていきましょう。

 

ありがとうございます。