GDTの法則で訴求率をUPする方法

alt

 

こんにちはNAMISATOです。

今回はGDTの法則について説明していこうと思います。

人は9つの欲求を満たすものを欲しくなります。

それなのでこの法則を利用することで

欲求に対して人の感情を動かせることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

GDTの法則とは

GDTの法則とは人が欲しいと思う欲求を

大きく3つに分けられます。

 

Goal:目標

Desire:欲望

Teaser:焦らす、悩ます、煽る

 

この3つに分けられます。

それぞれの欲求はさらに3つに分けることが出来ます。

 

GDTの法則はこれらの9つの欲求に対して

訴求することで人の感情を動かすことが出来ます。

 

メルマガやLP、オファーなど

この9つの欲求が多く含まれているかを

きちんと確認してください。

 

反応が薄いようであればこの9つの欲求が

あなたのオファーに含まれていないことになります。

 

1つずつ説明していこうと思います!

 

Goal:目標

Time 時間(時間をかけたくない)
Effort 努力(努力をしたくない)
Money お金(お金を稼ぎたい、節約したい、損したくない)

 

目標という欲求はGDT法則の中で一番弱い欲求とされております。

 

もっとも理性に近いと言われておりますので

3つの目標ばかりを訴えても強く感情に

訴えることはできません。

 

少ない時間と少ない労力でたくさんのお金を稼ぐことが出来る

ようなオファーを考えてみることで動かすことが出来るかと思います。

 

Desire:欲望

Greed 富や名誉、貪欲さ(もっとお金が欲しい、もっと名誉が欲しい、もっと~になりたい)
Lust 愛、美、性(美しくなりたい、モテたい、恋人が欲しい)
Confort 快適性、悩みや苦痛がない状態(悩みや苦痛から開放されたい、快適な生活を送りたい)

 

欲望という段階は3つの目標よりも強い欲求と言えます。

 

人が持っている本能的な欲求の3つの欲望に訴えることで

強く感情に訴えることができます。

 

タワーマンションやブランド物の写真、美女とのツーショットを

SNSにアップする方がよくいるかと思いますが

ああいう人はこの3つの欲望を満たしている

典型的なタイプになります。

 

こういう魅せ方をすることで

「自分もこういう生活したいなー」という

属性の人がダイレクトに反応してくれます!

 

コピーライティングだけでなく

写真とかも利用することで相手の

感情を動かすことが出来ます!

 

Teaser:焦らす、悩ます、煽る

Scarcity 希少性(期間限定です、今しか買えません、特定の人だけが手に入れられます、唯一無二)
Curiosty 好奇心、興味(~とは?、~方法)
Controversy 反社会性(真逆のモノをビフォーアフターで伝える、~なのに~だ)

 

GDTの法則では本性が最も高い欲求とされております!

 

本性には逆らうことのできない動物的な本能がありますが

訴えすぎると胡散臭くなるので注意しなくてはいけません!

 

真逆のものをビフォアフターで伝えて

好奇心を煽り、必ず希少性を演出するようしてください。

 

希少なモノこそ価値が高いもです!

 

欲求のレベルはG→D→Tという順番で強くなります!

 

順番が高いものほど高価なモノが売れやすいです!

 

人の心を動かすためには、これらの9つのうち

1つでも多くの要素を盛り込む必要があります。

 

最後に

普段、人々は理性を持って生活をしておりますが

その内側には欲望という感情があり、さらにその奥には

本性という欲望が存在します!

 

コピーライティングでは本能の部分に

訴えることが出来れば、読み手の感情を

大きく動かすことが出来ます!

 

GDTの法則を使うときは9つの欲求を自然に盛り込むことが出来れば

魅力的な文章に変えることが出来ます。

 

1度自分でレターやオファーを書いてみて

9つの欲求に当てはまっているかを照らし合わせながら

最初はやっていくことで自然と身に付いていくかと思います。

 

コピーライティングは奥が深いものになりますので

いきなり覚えるのではなく

 

コツコツとやっていってスキルを上げていきましょう!

 

ありがとうございます。