コピーライティングの基礎 3つのONE

 

こんにちはNAMISATOです。

今回は、コピーライティングの基礎である

3つのONEを説明していこうと思います。

 

しっかりと身につけることでメルマガを書くときに

とても役に立ちますので覚えるようにしましょう。

 

 

3つのONEとは

コピーライティングにおける3つのONEとは

 

One Market

 

One Message

 

One Outcome

 

の3つになります。

 

1つの市場に対して1つのメッセージを投げかけ

1つの出口を作ることを意味しております。

 

1つずつ見ていきたいと思います。

 

One Market

ワンマーケットとは、市場を1つに絞ることを意味します。

 

例えばアフィリエイトでいくのか、物販でいくのか

それとも投資の市場でいくのかなど

市場を1つに決めます。

 

1つの市場に絞ってコピーライティングを書いていかないと

反応率が悪くなってしまいます。

 

投資に興味がない人に投資の文章を書いたとしても

読んでくれない人が多いので

 

きちんと市場を決めてから文章を書いていきます。

 

One Message

ワンメッセージとは、1つの文章で伝えるメッセージは

1つだけということです。

 

1つの文章に何個も書いてしまうと

情報量が多くなってしまい読み手としては混乱してしまいます。

 

混乱してしまうと脳が拒絶反応を起こしてしまうので

いくら良い文章を書いたとしても響きません。

 

文章を書くときはシンプルに書くことが一番です。

 

それなのでメッセージは1つにしてなるべくシンプルに

分かりやすく書くといいと思います。

 

One Outcome

ワンアウトカムとは出口を1つに絞るということです。

 

文章を書いたときにメルマガに登録させたいのなら

メルマガのURLだけを貼って

 

商品を購入させたいのなら商品のURLだけを貼るなど

 

出口は1つだけにするようにしてください。

 

例えば1つの文章にここに登録してください。

ここにも登録してください。こちらの方にも登録してください。

 

と書いてあるとあなたたはどう思いますか?

 

めんどくさいと思いませんか?

 

結局1つも登録することなくスルーされると思います。

 

それなので1つだけに絞って提示するようにしてください。

 

 

最後に

文章を書くときは、1つの入り口から1つの出口まで

シンプルな直線で進んでいく必要があります。

 

それなので紆余曲折な文書を書くのではなく

シンプルに書くということを意識して書いていくと

反応も良くなります!

 

コピーライティングは書くことによって身についていきますので

普段から文章を書くようにしましょう。

 

ありがとうございます。