カクテルパーティー効果で振り向かそう

 

こんにちはNAMISATOです。

今回はカクテルパーティー効果について説明していきたいと思います。

 

カクテルパーティー効果を利用することで

ビジネスに限らず人間関係をも構築することが出来ますので

 

ぜひ実践してみてください。

 

 

カクテルパーティー効果とは

カクテルパーティーとかで人が多くてうるさい状況でも

自分が興味のある人の会話や自分の名前などは

 

自然と聞き取ることができます。

 

このことをカクテルパーティー効果と呼びます。

 

例えば電車を乗っている時に眠ってしまっていても

最寄り駅の名前を聞いたとたんに起きたりすることもあるかと思いますが

 

これもカクテルパーティー効果が影響しているそうです。

 

 

人間関係も良くなる

カクテルパーティー効果を活用することで

人間関係をもよくすることが出来ます。

 

例えば、相手との距離を近づけたいときに

相手の名前をたくさん呼んであげることによって

無意識にあなたのことを印象付けるそうです。

 

このことはアメリカの心理学者が実証しております。

 

これは男女の関係なく様々な人間関係に適応することが出来ます。

 

名前を何回も読んでもらえると嬉しいものですよね。

 

ビジネスで活用するには

カクテルパーティー効果はビジネスにも活かすことが出来ます。

 

例えばメルマガで情報発信する場合

 

・性別
・年齢
・職業
・居住地
・所属先
・所有物
・身体的特徴
・名前

 

など特定的なことをタイトルのほうにつけておくと

反応率もよくなります。

 

例えば「30代の男性における現実と理想の差」

 

みたいなタイトルにすると

 

30代の男性は気になってメールを開いてくれる可能性も高くなります。

 

オススメとしては、これって自分のことかな?と思わせるような

内容のメルマガを発信していくと相手は共感をしますので

 

あなたに興味を持ち始めます。

 

それなのでターゲティングは重要になってきます。

 

ターゲットを広めにすると、

 

「これって自分のことのようだ。」と思う人も少なくなってきます。

 

それなのであらかじめターゲット層を決めておく必要があります。

 

例えば30代のサラーリーマン向けに情報を発信していくと決めたら

30代のサラーリーマンが共感してくれそうな文章を書いていくことで

 

あなたに共感して興味を持ち始めます。

 

最後に

カクテルパーティー効果はビジネスにも人間関係にも

活用することが出来ますのでぜひ使ってみてください。

 

ビジネスで使う場合にはきちんとターゲティングもすることで

このカクテルパーティー効果をうまく利用することが出来ます。

 

人間関係では名前を呼んであげるだけでも

印象付けになりますので、ぜひ試してみてください。

 

気になる人がいれば、ぜひ挑戦してみましょう。

 

 

ありがとうございます。