こんにちはNAMISATOです。

今回はメルカリ個人情報流失事件について説明していこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の事件

今回の事件は何かというとパソコン版のメルカリで

約5万4千人の個人情報が流出しておりました。

 

個人情報が他者から見える状態になっておりました。

 

これはパソコン版のメルカリだけでスマホの場合ですと問題ありません。

 

個人情報が閲覧された人数は5万人以上なのですが

閲覧できた個人情報が、、、

 

個人の名前、電話番号、住所

銀行口座、クレジットカードの下4桁

購入履歴と出品履歴

売上金やお知らせ、やることリスト

 

が挙げられます。

 

ほぼ全部が閲覧される状態になっておりました。

 

なぜこのようなことが起きたのかというと

Web版のメルカリにおけるパフォーマンス改善のための

キャッシュサーバーの切り替えを行っていた際に起きたそうです。

 

それがお客様からの問い合わせで発覚したそうです。

 

情報を守ろう

メルカリは現在とても勢いのあるフリマアプリとなっており

国内のダウンロード数も5000万ダウンロードを超えております!

 

そのため市場における影響力も大きいと思います!

 

実際にメルカリの月額の流通額は100億円以上あると言われております。

 

そんな勢いのあるメルカリですが

このような個人情報の流出はメルカリ側にとっては大きな

打撃になったかと思います。

 

最近のメルカリでは規制も厳しくなり

業者の方もやりずらなくなっている状況が続いております。

 

しかしそれは業者だけではなく

一般人の方も巻き込んでおります。

 

メルカリでは圏外飛ばしという言葉が有名になってきて

業者の方だけではなく一般人もこの言葉よく使っております。

 

実際にツイッターなどで見ると分かりますが

メルカリの公式ページでは毎日たくさんの一般人の方が

クレームを呟いております。

 

個人情報が流出されたことなので

あなたも気を付けなければいけません。

 

これは他人事ではないかもしれません。

 

それなので住所や銀行口座やクレジットカードの

情報は使わないのであれば変更しておいた方がいいかと思います。

 

偽の情報に変更しておいてもいいかと思います。

 

その方が万が一あなたの情報が流出されたとしても

防げるかと思います。

 

最後に

今回の事件は勢いのあるメルカリだけに影響も

大きいかと思います。

 

この事件をきっかけに対策が強化されるのか

規制がどうなっていくのか変わってくるかと思いますので

今後のメルカリを期待して様子を見たいと思います。

 

メルカリは問題も起こっておりますがこれからも

成長していく企業になりますので

今後もメルカリに関心を抱いてもいいかと思います。

 

私はメルカリからまだまだ撤退する気もありませんので

これからも1つの販路としてメルカリを使って稼いでいきます。

 

メルカリもあなたも頑張っていきましょう!

 

ありがとうございます。