日本と海外の若者の違い

こんにちはNAMISATOです。

今回は日本と海外の若者の違いを自分なりに思ったことを

書いていこうと思います。

 

私は現在、セブ島のほうに住んでおります。

そのため現地の同世代の方とも交流する機会がありますので

日本人との違いを説明していきたいと思います。

 

 

日本にいたとき

私は現在、海外を拠点に日本に行ったりしております。

 

日本にいたときに同世代と絡んでいてよく思ったことは

 

向上心がない人が多いなと感じました。

 

 

将来の夢は何?と聞いても分からないとか

 

何のために大学行ってるの?と聞いても

きちんと答えれる人は少なかったです。

 

 

私は昔から独立志望が強かったので

そのことを口にしてはよく笑われておりました。

 

冗談かのようによく馬鹿にされてました。

 

日本では自分の夢を本音で語っても

それを共感してくれる人は少ないと感じました。

 

自分の夢を語り合える仲間がとても少なかったです。

 

リスクを恐れる

日本の同世代で好きなことをして生きたいと

思っている人はとても多いのに実際にやろうとする人は

チョーがつく確率で少ないです。

 

その理由は、

 

怖いからだそうです。

 

そのため諦めて普通に就職する同世代がほとんどです。

 

就職が悪いとは思いません。

やりたい仕事に就けたら私も幸せで一生懸命頑張れます。

 

しかし、自分のやりたいことを捨ててまでしてでも

安定?の就職を選ぶのかと思ってしまいます。

 

 

たしかに誰だって失敗はしたくないものです。

私だってそう思います。

 

 

しかしこんな裕福な国に生まれてやりたいことも出来ないなんて

 

正直生ぬるいなと思ってしまいます。

 

万が一失敗ってことがあったとしても

莫大な借金があれば自己破産をすればチャラになりますし

ましてや生活保護だってもらうことが出来ます。

 

こんなことが出来るのって日本くらいだと思います。

 

こんなに保証がついていても行動に移す人は

ほんのごくわずかです。

 

 

海外の場合

私は現在、セブ島に住んでおりますが

現地の同世代と交流して思うことが、

 

みんなそれぞれ夢を持っていることです。

 

将来、経営したいとか〇〇したいなどの

夢をみんな持っていることです。

 

正直、日本に比べると貧しい国なのに

一人ひとり日本人の同世代と比べても

 

生き生きしております!

 

将来、自分で起業したいからゲイバーで働く青年もいました。

 

資金を稼ぐためにゲイでもないのに普通に働くより

お金をもらうことが出来るからそこで働いているそうです。

 

そういった人が海外には多くいます。

 

フィリピンとかだけでなく、他の海外にもよく行きますが

どこの国の同世代の方も一人ひとり夢を持って生きていました!

 

みんなそれぞれ夢を当たり前のように語っていたので

この環境とても羨ましいなと思いました。

 

日本にいたら自分の夢を語るだけで笑われるけど

海外ではそれを応援してくれ人がたくさんいるので

羨ましいなと思いました。

 

 

セブ島には、日本からの留学生も多いので

話を聞くことがあるのですが、

 

留学に来ている日本人はやっぱり

何かしら目標やら夢を持っております。

 

それをみんなで語り合えることが出来るので

とても楽しかったです。

 

日本の留学生も同じように、日本にいると

自分と同じように夢を持っている人が少なく

本音で語れないと言っておりました。

 

 

最後に

日本という国はとても素晴らしいのに

世界に比べてみても向上心が足りないと思いました。

 

他の国と比べてみてもとてもいい環境にいるのに

自分のやりたいことを抑えてやりたくない仕事に就いて

愚痴やら不満ばかりを言うので暗くなるばかりです。

 

それよりかは

 

夢を語り合ったり応援したり明るく生きてほしいなと思いました。

 

 

この世に失敗はないのですから

自分がしたいと思ったことをできるような

日本になってほしいなと思いました。

 

 

金銭的な問題であったり、心の問題、時間の問題などは

私のブログをこれから見ていけば1つずつ解決していくと思います。

 

 

それなのであなたらしく頑張っていきましょう。

 

 

ありがとうございます。