こんにちはNAMISATOです。

今回はアマゾン用ツールのAMZScoutについて説明していこうと思います。

AMZScoutはGoogleの拡張機能でアマゾンで販売しているライバルセラーの売上に関する情報をデータ化して分析することが出来るとても便利なツールになります。AMZScoutを使うことによってライバルセラーがどのくらい販売してどのくらい売り上げているのかを確認することが出来ますのでリサーチにとても役立ちます。

alt

AMZScoutとは

AMZScoutはアマゾンで販売してるライバルセラーのリサーチを行うことが出来ます。AMZScoutのツール1つで様々な情報を得ることができます。

・製品名

・ブランド

・月間売上と利益

・レビューの数と平均評価

・販売者の数

・ランキング

・カテゴリーと販売者

・配送重量

・製品バリエーションの数

・販売価格

・利益計算

・最低価格

・FBA手数料

・販売価格とランキングの推移

・トレンド

・アマゾンで最初に販売された日付

・リスティング品質スコア

・サイズ超過

・レビュー1件あたりの月間収益

・在庫量

・アリババ検索

・ROIの計算

AMZScoutを使うことでこんなにもデータ情報を取得することが出来ます。

AMZScoutの価格とプラン

AMZScoutには無料で使うことも出来るのですがBasic版Pro版があります。Basic版とPro版の使える機能と販売価格はこちらになります。

alt

https://amzscout.net/extension#prices

Basic版は87ドルPro版では197ドルで販売されております。こちらのツールは買い切りとなっているので1回払うだけでずっと使い続けることが出来ます。

どちらも3日間無料で使うことが出来ますので試してみて良さそうなら購入も検討してみてください。Basic版とPro版では100ドルも違ってきますがPro版の方がやはりおすすめです!在庫量も把握することが出来て仕入れサイトから商品も見つけてくれるので自分で探す必要もありませんし外注に頼む必要もありません。

AMZScoutのインストール方法

AMZScoutはGoogleの拡張機能となっておりますのでGoogleクロムを使用してインストールしてください。こちらからインストールすることが出来ます。

AMZScout

alt

AMZScoutPro版

alt

Chromeに追加をクリックしてください。

alt

拡張機能を追加することで簡単にインストールすることが出来ます。無料でインストールすることが出来ますのでぜひインストールしておいてください。

AMZScoutの使い方

AMZScoutはとても簡単に使うことが出来ます。

アマゾンの商品ページを開く

最初にアマゾンの商品ページを開きます。

alt

次に調べたい商品名を検索していきます。中国輸入商品を調べたい場合はタイトルにノーブランド、互換品バルク、コスプレなどを入力すると見つかります。今回はノーブランドで検索をかけていきます。

alt

検索をかけるとたくさんノーブランド商品を見つけることが出来ました。

AMZScoutをクリック

そしたらパソコン画面の右上に下記のようなマークがありますのでクリックをします。

クリックをすると1ページ分の商品データが表示されます。

alt

アマゾンの商品ページにAMZScoutを1クリックするだけで簡単にデータを表示することが出来ます。

AMZScoutのデータ表示

今回は無料でのデータになりますのでN/Aと表示されているものもありますが有料版に切り替えると売上や利益が表示されるようになります。3日間は無料で使うことも出来ますので試してみてください。

alt

オプションに関しても有料版でないとN/Aとなって表示されません。しかし無料版だけでも十分にデータ分析することが出来ます。

AMZScoutのデータ分析

こちらの商品を調べてみたいと思います。

製品画像

製品名にマウスを持ってくると商品画像が表示されるのでとても分かりやすいです。

alt

ブランド名はノーブランドと検索したのでノーブランド表示されております。

販売価格

こちらの商品の販売価格は55円です。価格のとこをクリックすると価格推移をみることが出来ます。

alt

こちらの商品だと去年の9月は300円くらいで販売されておりましたがそこから段々と値崩れを起こしていって最終的に現在は55円の価格まで値下げされていることが分かります。純利益は‐1円と表示されています。純利益の欄もクリックすると利益計算をすることが出来ます。

alt

こちらはFBA出品の場合になります。そして仕入れ価格が分からないので仕入れ価格も入力するとどのくらいの利益になるのかが分かります。ROIは不明ですが有料版にすることで表示されますので詳しく分析することも出来ます。こちらの商品をFBAで出品した場合253円かかることが分かります。

出品者の数

出品者の数はこの商品の場合ですと32人もいます。ランキングは現在6位だと分かります。ランキングの欄をクリックするとランキングの推移も見ることが出来ます。

altランキングの推移を見てもかなり売れていることが分かります。

在庫の量

こちらの商品は在庫量が10と表示されております。この10という数字は32人の出品者が10個の在庫を持っているのではなくカートを持っている出品者の在庫数になりますので気を付けてください。実際に確認してみます。

alt

全体で何個の在庫をもっているのかまでは不明ですが有料版に切り替えた時に推定売上をみて在庫数を判断することも出来ます。

例えば推定売上が300個と標示されていたら1か月に300個売れていることになります。出品者の数が32人+自分を含めるとしたら計算式は

300÷(32+1)=約9個になります。それなので相乗り販売するとしたら9個くらい仕入れておけば1か月で売れる個数になります。今回の300は実際の数字ではありませんので本当はもっと売れているかもしれませので今のはただの計算方法になります。

仕入れ先を見つける

この商品が中国サイトでどのくらいで仕入れるのかを確認したいと思います。

alt

商品を探すときは商品名を中国語に翻訳してタオバオやアマゾンで検索する方法と画像検索があります。私の場合はいつも画像検索で仕入れサイトを見つけております。その方が簡単です。今回は画像検索を使って仕入れサイトを見つけていきます。

画像検索のやり方は商品画像に右クリックをしてGoogleで画像検索をクリックします。

Googleの画像検索もいいですが無料で使えるオススメの画像検索ツールもありますので使ってみてください。詳しいやり方はこちらの記事をご覧ください。

リッツイメージサーチ

なぞって画像検索

画像検索をしましたが中国のサイトを見つけることが出来なかったのでタオバオから直接商品を見つけていきたいと思います。先ほどの画像を保存してタオバオの画像検索で商品を探します。そうすると同じ商品を見つけることが出来ました。

alt

タオバオ、アリババの画像検索のやり方についてはこちらの記事をご覧ください。

タオバオの画像検索方法

アリババの画像検索方法

alt

タオバオでは約80元で販売されております。アマゾンでは55円で販売されておりますのでタオバオで仕入れると当然赤字になってしまいます。もっと調べれば同じ商品を見つけることが出来ると思います。またタオバオでこの価格だとしてもアリババではまた価格が違いますので、アリババでも確認してみるといいです。このようにして商品を見つけていきます。

フィルター機能

AMZScoutにはフィルター機能があります。こちらの機能を使うことで条件を絞ることが出来ますのでより詳しく商品リサーチをすることが出来ます。

alt

価格やランク、業者の数を絞って検索することで相乗り販売出来るかのリサーチも行うことが出来ますのでフィルター機能はとても役に立ちます!

ライバルセラーリサーチ

AMZScoutは気になるライバルセラーの商品一覧からもリサーチすることが出来ます。出品者一覧から気になるライバルセラーのストアをクリックします。

alt

クリックしましたら出品者のストアフロントをクリックして販売している商品を調べていきます。

 

alt

販売している商品を確認することが出来ましたらAMZScoutを使ってリサーチしていきます。

alt

ライバルセラーを分析することでこのセラーがどのくらい売り上げてどのくらいの収益があるのかを確認することが出来ますのでとても便利です。それなので有料版を使った方がオススメです!

ライバルセラーIDをリスト化

AMZScoutを使えばライバルセラーが何を販売してどのくらい売り上げているのかを調べることが出来ますのでライバルセラーをエクセルにリスト化することをオススメします!中国輸入をしている方はセラーをリスト化してストックしている人は少ないので本当に勿体ないです!初心者の人こそやった方がいいです。

売れているセラーをリストにまとめておくことでその人が仕入れた商品や売れている所品を真似して販売すれば商品のリサーチをしなくて売れているセラーがやってくれるのでとても楽だし売れる確実も高いです!真似をすることはとても大事なことです。リスト化のやり方についてはこちらの記事をご覧ください。

セラーIDのリスト化方法

CSVにエクスポート

AMZScoutはデータ分析した商品をCSVにエクスポートしてまとめることが出来ます。

alt

CSVに落とし込むことはできますがこのように文字化けしてしまいます。

alt

文字化けを直す方法を紹介したいと思います。

文字化けを直す方法

ファイルを開いてCSVに落としたエクセルを右クリックしてプログラムから開く⇒メモ帳をクリックしてメモ帳を開いてください。

alt

そうするとメモ帳ではきれいな日本語で表示されております。

alt

これをファイルに名前を付けて保存していきます。

alt

保存するときはファイルの種類をすべてのファイルにして文字コードをANSIにして保存して下さい。

alt

保存しましたら先ほどのCSVのエクセルを開きます。するここのように綺麗に表示されます。

alt

これで見やすくなったのでフィルターをかけていきます。

フィルターをかける

エクセルにフィルターをかけることでランキング順や販売業者が少ない順にすることが出来ます。

alt

エクセルの一列目をスクロールしてホームにある並べ替えとフィルターからフィルターをクリックすることで▼が表示されるようになります。

この▼をクリックすることで昇順や降順にすることが出来ますので、これを元にリサーチしていったり外注さんにリサーチさせたりすることが出来ますのでとても便利です。

AMZScoutのまとめ

AMZScoutを使うことで1つのツールでたくさんの機能を使うことが出来ますのでとてもリサーチに役立ちます!AMZScoutは無料でも十分に使えますが有料のPro版だとセラーがどのくらい売り上げているのかなどより詳しくリサーチすることが出来ますので後々有料版でもいいかなと思います!Pro版だと2万円くらいしますが月額ではなく買い切りの値段なので今後稼いでいくうえではとても安い投資だと思います。

有料版は3日間無料で使用することが出来ますので使ってみて便利だと思ったら実際に購入してみてもいいかと思います。とても便利なツールですので無料版でもいいのでリサーチに役立ててください!Googleクロムの拡張機能になりますのでGoogleクロムを登録していない方はダウンロードしておいてください。

Googleクロムのダウンロード方法はコチラの記事を参考にご覧ください。

Googleクロムのインストール方法

ありがとうございます。