こんにちはNAMISATOです。

今回はAsin Grabber Lightの使い方について説明していこうと思います。

Asin Grabber Lightはアマゾンのツールとして使われております。このツールを使うことでASINコードを集めることが出来ます。ASINコードを集めることでリサーチにも役立ちますので活用してみてください。

Asin Grabber Lightとは

Asin Grabber Lightとはアマゾンの商品についてるASINコードを

取得することの出来る拡張機能になります。

キーワードからASINコードを集めたり他のセラーからASINコードを集めたりすることが出来ます。

Asin Grabber Lightのインストール方法

Asin Grabber Lightは無料でインストールすることが出来ます。

こちらからインストール出来ます。

Asin Grabber Light

 

 

 

 

 

 

 

 

無料でインストールすることが出来ますのでぜひインストールしてください。

CHROMEに追加で簡単にインストール出来ます。

Asin Grabber Lightの使い方

Asin Grabber Lightは2つのやり方でASINコードを集めていきます。1つめはキーワードからASINコードを集めるやり方について説明します。

キーワードから集める方法

アマゾンのサイトを開きましたら検索欄でASINコードを集めたいキーワードを検索します。

今回はノーブランドで検索をかけていきます。

「ノーブランド」の商品一覧が表示されましたら右上にあるAsin Grabber Lightをクリックします。

 

 

こちらをクリックしたら下記の画像のようにASINコードが表示されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Select ALLをクリックするとASINコードをコピーすることが出来ます。

Asin Grabber Lightは1ページ分の商品のASINコードしか取得することが出来ないので、

もっとASINコードを集めたい場合は手動でページを切り替えていかなければいけません。

 

手動で切り替えるのが面倒くさいという方にはAutoPagerizeという拡張機能と併用することで

自動で切り返してくれます。

Google Auto Next Pagの詳細はこちらの記事をご覧ください。

Google Auto Next Pagの使い方とインストール方法

ライバルセラーから集める方法

Asin Grabber Lightはキーワードから集めるだけではなくライバルセラーからも

ASINコードを集めることが出来ます。

 

例えばライバルセラーのショップページにいきます。

そしてストアフロントをクリックするとライバルセラーが

出品している商品一覧を見ることが出来ます。

商品一覧ページに行きましたらAsin Grabber Lightを使ってASINコードを集めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Select ALLで選択してコピーすることが出来ます。

エクセルにリスト化

Asin Grabber Lightで集めたASINコードはエクセルなどにリストとしてまとめていきます。

ASINコードを貼り付けても横一列に表示されるので見づらくて分かりにくいです。

それなので見やすいように変えていきます。

データ区切り位置をクリックします。

カンマにチェックを入れて完了をクリックして下さい。

そうするとこのようになります。ASINは分列することが出来ましたが横1列だとまだ見づらいかと思います。それなので見やすいように変えていきます。

横1列にあるASINコードをコピーします。

コピーしたらA2のセルで右クリックを押して形式を選択して貼り付をクリックします。

 

 

 

 

 

行列を入れ替えるにチェックを入れてOKをクリックすると横1列から縦1列になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

集めたASINコードはぜひエクセルにまとめるようにしてください。

最後に

Asin Grabber Lightはとても役に立ちますのでぜひ使ってみてください。

無料でインストールすることが出来ます。集めたASINコードは

エクセルにどんどんまとめていってください。それをもとに外注さんとかに中国のサイトから

同じ商品を見つけさせたりしてもいいかと思います。

Google Auto Next Pagと組み合わせて使うことで効率よく使うことが出来ると思いますので

両方一緒に使ってみてください。

 

ありがとうございます。